2014年02月21日

体調は計画的に?

いつも以上にタイトルが意味不明になってますが、タイトルなんて飾りです!(断言)

OMC納品後のグダグダメモですよー。
今回体調悪過ぎて時間かかっちゃったよ……というか、今も全快ではないんですが…
しんどかった……
この時期にオリンピックが有ってくれて助かったよ…(えー

制作の途中から体調不良になったんですが、実は心当たりが有ってですね…
今回歌唱入りの制作だったんですが、楽しくて張り切って歌ってしまったので喉に傷でも出来てそっから感染したのかなと…
……ええ…ええ…分かってます……ちゃんと注意すれば防げたんじゃないかと……
反省してます……
……いや、別の原因なのかもしれないけど(笑)

まぁ、それはそれとしてさておき。
今回作っててこれ書いておきたいと思った事がありまして、
歌詞合わせで曲を作るときに、困ったら大体『普通に読んだ時の抑揚』に合わせてるっぽいのです。
曖昧な表現なのは、あんまり自覚はなくてほぼ自動なので…。
というか、そもそも作曲自体脳内でほぼ自動組み立てされてる気がしますがそれは今の話とは関係ないので置いといて。

で、それがどうしたって話なんですけど…
書いておきたいと思っただけで別にこれと言って何も…(笑)
まぁ、一応思った事をダラダラ書いておきます。
前の歌唱入り曲の時にキーポイントになりそうだと感じたところで悩んで、普通の抑揚に合わせた方がいいって思ったのが始まり。
今回の曲作ってる間に、これコツじゃね?と思ったんだけど自分が知らなかっただけの可能性が強めなので、メモとしてブログに書いておこうと思った次第。


*追記 16/08/10
 作品はコチラ
 ストーリー性の高い、ダークでカッコイイ系のアップテンポな曲です。


今回の曲は頂いた歌詞がストーリーだったので、朗読に近いイメージを持って制作しました。
なので、特に抑揚合わせを活用した結果、メモりたくなったんだと思います。
…結果的にモロに歌ってますが、これでも朗読に近いイメージだそうです(他人事の様に言うな)

しかし、ストーリーを歌う曲って難しいですね。
歌唱部分での表現力が皆無に等しくて涙出そうでした。
その分編集でどうにか出来た…と思いたい!(弱)
あと、さらっと効果音をぶちこんでますがこれもストーリー歌唱曲の特徴かなと今思いました(遅ぇ!
ほぼ自動で組み立ててるのでわざわざ振り返らないとこういう事も分からんのです(笑)

あと、歌詞の改行を入れた時に、構成についてのメモも書き込みました。
普段は明確化しないでザクザク作っていってから合ってるか合ってないか判断してますが、
今回は長尺だったし明確化しておいて良かった気がしてます。
つっても、構成というか前奏や間奏の指示と一部のポイントだけなんですけどね。
私の場合、歌唱入り曲は歌唱のない部分が一番制作につまりがちなので、イメージの明確化が大事かもしれませぬ。
という意味ではコツをつかみはじめた…というか、なんで今迄やってなかったんだろ…(おい


結果的に、ジャンルはロックポップ…?(なんだそりゃ)
前回程じゃないですが、ダーク路線で制作しました。
2つ目の間奏で私が暴走して何がダークなんだかさっぱり分からなくなってますが(笑)

前奏ってあんまり思いつかない事が多いんですが、
今回は歌唱っていうのも有って最初から前奏を入れる気だったので、
『歌詞の要所をサビと仮定して、そのアレンジを前奏とする』という事をしました。
『正解が後から出来るサビ当てクイズ』を一人でしてたんですね。…何してるんですかね?(笑)

あと、前奏のピアノメインの部分はBPM変更してます。
ピスコラでこれやるのめんどくさいんですが、思いついちゃったんだからやらざるを得ない(えー
とは言え、表計算で専用計算機作ってあるのでそこまで大変ではないんですが…最後のリタルダンドが難しかったかも。
明確な速度目標がなかったので計算せずに感覚任せで作ったせいですね。
一応それっぽくはなったのでセーフ!(何がセーフだよ)

1つめの間奏の直前の効果音部分は全力で不快を目指しました。
なんかまたやり過ぎた感ありますけど、これくらいやりたかったので個人的には成功だと思ってます。
で、そこからの間奏は静かに落としていこうと思ったんですが、原案よりはうるさくなってます。
私にはこれが限界だったよ!(笑)
どうもやたらうるさくしたがるんですよねぇ…


もう1つの間奏は、特にご指定が無かった部分なのでキャラクターさんにまつわる色々なものを拝見してイメージを作りました。
原案の一部に『逃亡の果てに辿り着くELYSION』て書いてあって自分ってカッコつけ過ぎ中二病だなーと思ったので、ここでお知らせしておきます(笑)

間奏の流れとしては『苦しみ→苦悩→逃亡へ→逃亡(→ELYSIONへ』って感じですね。
この間奏はパイプオルガンっぽい音源を置いたんですが、やっぱやり過ぎかな…
あとトランペットとか、コーラスとか…この部分は指定がない分やりたい放題ですね。
その分めちゃくちゃ楽しかったですが。

最後の部分にもトランペット使ってるんですが、これがELYSIONへ辿り着いたって事っぽいです。
おお!かんかくてきすぎてなにをいってるのかわからないぞ(笑)
まぁ、勝手に私が付け加えた部分なのであんま細かい話するのもどうかと思うのでこれくらいにしときます。

楽器編成はこんな感じ。左側がメインです。
ドラムはずっとあるので省略しました。
前奏)ピアノ→
2つめの間奏の1まで)ギター+弦→
2つめの間奏2)パイプオルガン+弦+トランペット+ギター→
2つめの間奏3)パイプオルガン+コーラス+トランペット+ピアノ+ギター+弦→
2つめの間奏4)トランペット+ギター+弦+ピアノ+パイプオルガン→
2つめの間奏5)パイプオルガン+ギター+ピアノ+弦→
最後)トランペット+ピアノ+ギター+弦

うん、作るの上手くなってる!(どこでそう思ったんだ)
とはいえ、まだまだ色々足りてないんですけどねー…(かくん)


久しぶりに自分で歌うコーラス入れたんですが、低過ぎて声が出ない…(笑)
歌声の想定した時に、元々作ってたキーから2つくらい下げちゃったのでコーラスが激低になって困るというアホな事例でした。
一応ギリギリ出たのでセーフという事に…
あ、そうだ。一応男声意識して歌いました。
聞いてみるとそうでもなかったですが(ひでぇ)
低いなーと思った所がhydeさんみたいな歌い方してて、
遥か過去にやった低音訓練がらるくだった事が判明しました。
ベースが滲みでてしもうた(笑)


何かと反省する点も多かったですが、長尺な割にさくさく出来たというのが今回の率直な感想です。
要するに楽しかったです(毎度言ってないかそれ)
ご依頼ありがとうございましたー!!

ラベル:お仕事
posted by 過月 [.L] at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック