2015年01月17日

ぐへぼー

毎回恒例、OMCご依頼振り返りグダグダトークです。
なんだかんだで2回分貯まってしまったのでありました(主にコミケのせい)

1つ目の楽曲はこちら
ボサノバ風POPの忘れていた『恋する気持ち』を思い出すボーカル曲です。

最初に作ったキーで歌おうとしたら無理でした。
そういうとこ考えないで作る節有るよね!!これだから作曲家は!!(自分だぞ

ちなみに、今回はコーラスも肉声で入れました。
その割にはさくさく編集出来たので、慣れてきてはいるのかな。
そもそもコーラス歌うのがめっちゃ難しかったという問題はありましたが。

構成:前奏/Aメロ/Bメロ/サビ/間奏/変形サビ
頂いた歌詞が哀しみから希望に切り替わる様だったので、
AメロBメロ辺りは暗めで、サビで明るく切り替わる様にしています。
と言っても、明るさの大半が打楽器の力ですが。
暗さも明るさも表現出来るタンバリン最強説が提唱されてしまいそうな位にはタンバリンが好きです。

その他の楽器はギターとピアノと弦です。
一応資料として挙げて頂いた曲調に近づけたつもりでしたが、
今となってみるとただのPOP曲な気がしてならない…
間奏の急な転調とかは意識してやったんですが、もっと自由にするのは苦手みたいですね。
うーん…表現しにくい苦手分野だ。





2つめの楽曲はこちら
古典楽曲風の軽やかさと激しさを兼ね備えた戦闘インスト曲です。

この間くらいにコミケの諸々が入っていて、神が空気をお読みになった…!と思いました(笑)

得意な事が多かったので、ありがたいご依頼でした。
古典の指定だったので、その部分はちょっと勉強しましたけど、
ほぼ体感で分かってる事だったので、実際に使った知識は『どの楽器を使ってるか』くらいでした。

……東方?(おい)
あんまりそういうつもりは無かったんですが、なんかそれっぽくなってしまいました。
東方でアレンジの勉強したので、ZUN曲が私の中に常に在るんですよねぇ…
あまり遠くないイメージなのでセーフという事で…(笑)

チェンバロをメインに、弦、オルガン、リュートもどき、後半から笛を使ってます。
ずっとチェンバロのターンが出来て楽しかったー。
……打楽器使ってないのにどうしてこんなに喧しくなるのかな…?(震え)
今回はテーマ的に喧しくてもいいんですけどね。

一応ループ対応です。
ループ対応時にディレイ部分をどう処理すればいいかについて。
1小節分の空白を作ったファイルと、空白部分のないファイルを用意する。
どちらのファイルも冒頭の空白部分を削除する。
空白部分のないファイルに合わせて、空白有りファイルのディレイ(エコー)部分を切り取る。
新しくステレオトラックを作って、その冒頭部分にさっき切り取ったディレイを貼る。
違和感ない程度にディレイ部分の音量を下げる。
空白部分のないファイルを作るという発想が抜け落ちていた為、あほあほな事をしてましたよ…ぐへぇ…
まぁ、途中で気が付いたんで無駄な時間では無かった、はず。
ちゃんとここにメモしたし!(笑)


2つとも去年のご依頼だったので、これでやっと私の2014年が終わるー!と思ったものの、
まだメインブログで毎年分やってる一年まとめが終わってない事を思い出しました。
頑張って去年を終わらせよう。(?)
posted by 過月 [.L] at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411374623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック