2015年06月17日

耳疲れた略してみっつ(大嘘)

 イヤホン恐怖症になりかけつつ、OMCご依頼振り返りです。
 何度も言いますが、自分用の覚え書きです。

 諸事情で3件まとめてです。
 諸事情というか、1件目からそのままの流れで3件目が始まって、それと同時進行で2件目受けたので書いてる暇が無かったというだけですが。


 1つめの作品はこちら
 自らに宿る闇とそれに抗う強い意志を表現したロック調の曲です。

 作詞は全てお任せで曲の方も指定が少なかったので、9割方好き勝手にさせて頂きました。
 それでも、二回目というのもありますし、満足して頂けた様で幸いです。
 既に私をどう使ったら上手くいくのか理解された気がしなくもないですが、良い事だと思うので気にしません!(笑)

 作詞は思いっきり中二病を炸裂させました!!
 でも、これでもちょっと控えました!(吐血)
 以下が歌詞です。

 GM.png

 読み方。
 【漢字】骸:むくろ 眸:ひとみ 精神:こころ 胸懐:きょうかい 教唆:きょうさ
 【当字】自分の居場所:このありか 悪魔:ハーフ 愛情:あい

 今回は丸投げすぎてどこから手をつければいいのかわからなかったので、
 1、とりあえず使いたい言葉を集める
 2、その中で文章を作ったり、似た音の使いたい言葉を探したり
 3、参考曲の歌詞に合わせて2で作ったパーツを変形させつつ組み立てる
 という作詞方をとりました。
 パズルみたいで楽しかったけど、若干時間がかかった気がする…。

 激しい中二病ですけど、一応メッセージ性のある歌詞になっています。…たぶん。
 歌詞は本当にお任せだったので、キャラクターの設定に私の諸々の願いを盛り込んだものになりました。
 私の願いの1つは、骸目さん(依頼主のキャラクターさん)が幸せを掴む事です。
 だから、将来を悲観する言葉は出てきません。
 むしろそこには希望があるのだという歌詞にしました。

 ……というのが、メッセージ性の要因です。
 なので、しがらみの中にいるけど幸せを掴み取りたい人への応援ソングと言ってもいいんじゃないかな!(笑)
 骸目さんは悪魔のハーフなので『悪魔だから赦されない』となってますが、『悪魔』をしがらみの元に変えれば各々の為の応援ソングになると思います。

 ……なんだかオーダーメイドの良さを殺す様な事をしてる気がしますが、始めから独りよがりに大衆向けに作ったわけではなくて、最終的なアウトプットとして特定条件下での応援ソングになったという事だという言い訳もしておきます。
 私は皆さんが魂を込めたキャラクターさん(とご依頼)が大好きなので、それを無視して暴走する事はほぼありません。
 ただ、皆さんから伝わった魂や熱量に感化される方向で暴走する事は多々有りますけどね!
 ……これも良いとは限らないので、自重すべきところは自重出来る様にしないといけませんが。


 で、毎度恒例なんですけど、作曲した時点では歌えない曲でした…。
 主旋律の変更と編集でなんとか歌えるレベルにしましたが、太字にしないと気が済まない程度のなんとかさです。
 「誰だよこんな難しい曲作ったの!!って俺だよ!!!」って本当に毎回言ってる気がします…(ため息)

 毎度恒例と言えば、今回も割と思いっきり調子悪くなったんですが、
 一番怖かったのは、耳の疲労による難聴スレスレの状態。
 イヤホンの常用怖い……ヘッドホン買いました。
 最近やっと耳の調子が良くなってきた気がします。


 ギターとベース、ピアノ、パイプオルガン、シンセと弦を使いました。
 ギターはベタ打ちのままだと面白くないので、演奏っぽいアレンジにしてます。
 本当は毎回この作業をしたいんですが、あんまり聞こえないとか時間がないとかですっ飛ばされたりします。
 でもギターソロに出来る程上手に出来てる気はしないので、この曲みたいに聞こうと思えば聞こえる程度の時にやろうと思います!(笑)

 コーラスは偽ボーカルがメインです。
 [ドコヘユク?]は人間らしくない声にしたくて、低めベタ打ちにしています(ほぼ聞こえませんが)
 『でも楽園へと…』の『でも』はブレス取るのが難しいので偽ボーカルにしました。
 この辺りが演出上どうしても必要だったので前半のコーラスはほぼ偽ボーカルに任せました。

 最後だけ肉声でコーラスを入れました。
 大事な部分なので、強調を込めた演出です。
 どっちがコーラスだよ、みたいな音量になってますけど女声の方がコーラスです。
 なんで急に女声が出てくるかと言うと、「そうではないの」が女性の返答だからです。
 『幸せになる』って言ってもいろんな事があるけど、孤独だった骸目さんの幸せの1つはきっと『パートナーを得る事』と考えました。
 それを歌詞と歌声で表現するとこうなりました。
 あくまで『パートナー』なので女性とは限らないんですが、対比や例えとしてこの場合は女性の方が分かりやすかったので女性と仮定して制作しました。

 ……ここまで書いて『色々考えてるんだなぁ……』と我ながら思いました。
 詰め込みすぎかもしれませんがね!(笑)


 ともあれ、ほぼ全てをお任せして頂いたご依頼でお客様も、自分も満足出来る作品を作れた事に安堵しています。
 この経験のおかげで、誇りを持って活動する事が出来そうです。
 ご依頼ありがとうございました。




 2つめの作品はこちら
 ヘヴィメタ風の、自由を歌った曲です。

 こちらはお客様の作詞なので、中二病ではありません(爆発)
 これと後で紹介する3つ目の曲は制作期間がモロ被りしてたんですが、なんとかなりました。
 ちゃんとスケジュールの余裕を確認してからノミネートを受けたので、なんとかなるのが当たり前ですが。

 この作品を作って、やっぱりボーカル曲って楽しいなーと思いました。
 楽曲提供とかしてみたいなぁ……(夢見がち)


 ヘヴィメタに初挑戦しました!
 といっても、全体的に参考の曲を真似しただけなんですけどね。
 普段は絶対にしないドラムの鳴らし方だったり、ギターでの曲のまとめ方はすごく勉強になりました。
 あと、テンポが早くてもいいんだー!っていうのが嬉しかったです(笑)
 ただ、テンポを早くしすぎて歌うのが困難でしたけどね!(またか!)

 参考の曲がコーラスの無い曲だったので、コーラスのメロディは弦っぽいシンセに任せました。
 あとで聞いたら音量が合ってなかったので、この音色の部分だけ別で書き出して合わせました。
 これをほぼ全部の音色でやりたいんだけどめんどくさくてできてないんですよねぇ…
 いつか向き合う日がくるかもしれない…。

 コーラスの弦シンセ以外はヘヴィメタの基本である、ギター、ベース、ドラムだけです。
 いつもと比べるとすごくシンプルでちゃんと形になるか不安だったんですが、出来上がってみると何も不安になる必要ははなかったですね。
 本当は普通にツインギターで成立させたかったんですが、私の技量では無理でトリプルギターの部分がちょいちょいあるのが気になったくらいで、曲にはなっている様に思います。


 OMCは自分の趣味で作る曲調とは全く違うモノが来るので勉強になります。
 そしてその中で得手不得手や好きな事を見つけて成長していくのが、とっても楽しいです。
 キャラクターを表現するのも好きだし、本当に向いてる仕事だと感じます。

 新しいジャンルを開拓してくださったお客様に心からの感謝を。
 私は果報者です。




 3つめの作品はこちら
 ストイックな戦闘を表現したインスト曲です。

 久々にシーンミュージックキター!!!
 ってテンション上げてたら、ご指定頂いたのがイラストでした。
 イラストでのシーンミュージックは初めてでした。
 でも初めての気がしないくらいサラサラっと作れました。
 初めての気がしなかったのはおそらく、普段から『キャラクターの(外見)情報』としてイラスト見てるせいだと思われます。

 音楽的な指示が無かったので作りたいと思った様に作らせて頂きました。
 でも当初想像してた『ギターでジャンジャカかっこいい曲』とは違う様な……まぁいっか!(笑)
 むしろドラムがメインの曲なんじゃないかと思う程のドラムっぷり。
 これくらいうるさいドラムが好きです…(急な告白)

 後半は前半の焼き増しみたいな感じになってますが、どこもかしこも割と手を加えてます。
 手抜きじゃないよ(笑)
 まぁ、そもそも『同じ旋律が繰り返される』というのは『同じ事が続く』という事を表現したものなので、意味の有るリピートなんですけどね。
 それでも少しずつ変えたのは『完全に同じ事は存在しない』という事の表現で……というのは後付けです。
 ただリピートするのはつまらないのでアレンジしちゃうだけです。


 最近は曲作る時にあまり悩まなくなってきたので、慣れてきた気がします。
 呼吸をする様に曲が作れる!(誇張にも程がある)
 あとは趣味で作ってる曲を進められる様になれば最高なんですけどね。
 締め切りがないと焦らない人なんです(頭抱え)

 『気持ち』をぶつけて頂いたから作りやすかったというのもあります。
 ご依頼で頂いた『気持ち』をそのまま表現して、内容を知らない方にも伝わる様にと思ったので悩む要素が無いというか。
 ……何言ってるんだかわかりませんが、割といつもの事なので気にせず。


 私まで燃える様なアツい気持ちのご依頼ありがとうございました。
 この偶然はきっと必然だったと信じています。





 さ、予定してた曲の長さの説明作ろう!

ラベル:お仕事
posted by 過月 [.L] at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック